事業を成功させるための業務用小型製麺機ガイド » 小型製麺機を販売しているメーカーリスト » 品川麺機

品川麺機

国内はもちろん諸外国に向けても製麺機を輸出している品川麺機は、オールマイティータイプの小型製麺機「マイティー」シリーズの開発・製造から販売、メンテナンスを自社で一貫してサービス提供している企業です。

ここでは、品川麺機の小型製麺機の特徴や仕様についてまとめて紹介しています。

品川麺機公式HPキャプチャ
引用元HP:品川麺機公式HP
(https://www.sinagawa.co.jp/)

品川麺機の特徴

国内外に製麺機を納品

品川麺機の小型製麺機は、国内はもとより海外にも納入実績(※) があります。

ヨーロッパをはじめ、アジア諸国、中東、オセアニア、北米、中南米など、さまざまな国から選ばれている製麺機メーカーです。

品川麺機は、簡単な操作でラーメンから二八そば、手打ち風うどん、パスタまでさまざまな麺類を作れる小型製麺機「マイティーシリーズ」の生みの親

同社の小型製麺機のほとんどが、ミキサーと製麺機が一体となっており、麺づくりの工程をすべて1台で行うことができます。

麺の太さや厚みを
ツマミ調整で簡単に変更

品川麺機の小型製麺機「マイティー」シリーズは、太い麺、細い麺、厚い麺もツマミ調整で簡単に変更でき、麺の種類を問わないのが特徴です。

また、ロールスピードや切歯スピードを自由にコントロール可能。麺のコシや麺の太さはもちろん、操作する作業者にとっても優しい設計になっています。

品川麺機の製麺機

品川麺機の取り扱う製麺機を2つ紹介しています。1台でオールマイティーにさまざまな麺を製麺できる小型製麺機です。

マイティー50

マイティー50は、1台でオールマイティーに製麺をこなせる製麺機です。

加水量を調節可能なため、多加水の二八そばや低加水のラーメン、ゆで時間が短くコシの強いうどんまで、さまざまな麺を作ることができます。

品川麺機_マイティー50
引用元HP:品川麺機公式HP
(https://www.sinagawa.co.jp/mighty50.html)

スペック

型番or型式 5WS-PSSB
対応麺種 うどん・そば・ラーメン・パスタ
生産量(●食/h) 250~300食(※)
サイズ(W×D×H) 記載なし
重量 記載なし
消費電力 750W
ミキサーのサイズ 10㎏・13㎏
オプション 切り歯・麺棒・粉受け箱・油差し
※公式サイトには記載がありませんでしたが、品川麺機へ直接確認を取りました。(2021年12月時点)

マイティー50プラス

マイティー50プラスは、コンパクトな「マイティー50」に大容量のミキサーをプラスした小型製麺機。

低加水麺から多加水麺まで加水量を調節できるので、低加水のラーメンや多加水のうどんまで、さまざまな麺を1台で作れます。

品川麺機_マイティー50プラス
引用元HP:品川麺機公式HP
(https://www.sinagawa.co.jp/mighty50plus.html)

スペック

型番or型式 5WS-SSPB+25
対応麺種 うどん・そば・ラーメン・パスタ
生産量(●食/h) 250~300食(※)
サイズ(W×D×H) 1350mm×1300mm×550mm
重量 記載なし
消費電力 1相100v750w又は3相200v750w
(別途1相100v100wも必要)
ミキサーのサイズ 3相200v1500w(25Kgミキサー)/
3相200v2200w(50Kgミキサー)
オプション 切り歯・麺棒・粉受け箱・油差し
※公式サイトには記載がありませんでしたが、品川麺機へ直接確認を取りました。(2021年12月時点)

品川麺機の
小型製麺機の導入事例

信越食品 ゆで太郎(国内)
(機種名:マイティー50)

導入理由

導入理由については記載がありませんでした。

導入後の感想

「粉から自家製麺」のゆで太郎。そばはすべて店内で製麺し、本格的なそばを安価で提供している。そばは注文を受けてからゆでている。

ふくろう(海外)
(機種名:マイティー50)

導入理由

導入理由については記載がありませんでした。

導入後の感想

イタリア人ですぐに満席になってしまうため、日本人専用席が用意されている、和食レストラン。ふくろうのラーメンを食べるためだけにローマから通う在伊邦人もいるほど。

品川麺機の基本情報

メーカー名 株式会社品川麺機
所在地 東京都品川区中延4-10-19
問い合わせ先 03-3781-4249
公式サイト https://www.sinagawa.co.jp/

おすすめ

麺ごとにおすすめの
小型製麺機

麺の種類ごとに分かれた専用の小型製麺機なら麺の特徴に合わせて製麺できるので、よりおいしさを追求できます。
「うどんもそばも製麺したい!」「業態変更を視野に入れている」場合を除き、作りたい麺に合わせて選ぶのがおすすめです。

美味しさを求めるなら
⼿打ち式の製麺機がおすすめ
うどん
うどん
十割そばでも簡単に
打てる製麺機がおすすめ
そば
そば
競争の激しい業界でも
生き残れる製麺機がおすすめ
ラーメン
ラーメン