事業を成功させるための業務用小型製麺機ガイド » うどんの小型製麺機のおすすめ2選 » 地域で見るうどんの麺の種類

地域で見るうどんの麺の種類

ご当地うどんの中では定番と言える「讃岐うどん」(香川県)をはじめ、「きしめん」(愛知県)、「稲庭うどん」(秋田県)、「水沢うどん」(群馬県)など、バラエティ豊かなうどん。

地域ごとに異なるうどんの特色や麺の種類について見ていきましょう。

うどんの仲間たち

「うどん」と聞いてイメージする細長い麺のほかにも、地方色豊かなうどんの仲間について解説しています。

きしめん、ひもかわの特徴

愛知県名古屋市の名物「きしめん」は、ご存じの通り幅広の薄くて平たい麺です。きしめんの幅は約7㎜~8㎜、厚さは約1㎜とされています。

江戸時代では、きしめんの麺は塩を使わないで作られており、この麺が名古屋の「煮込みうどん」やほうとうの麺の作り方と通じることがわかります。

有数の小麦の産地、群馬県の名物である「ひもかわ」は、1㎝~1.5㎝の幅広麺。8cm~10㎝もの麺を販売しているお店もあります。

群馬が発祥と思っている方がいるかもしれませんが、発祥は刈谷市とされ、きしめん同様に愛知県発祥(※)

なぜ愛知県で、きしめんなどの幅広い麺が好まれているのかと言うと、うどんの麺よりもつゆが良く染み込むため。しっかりした味付けを好む地域性にマッチしたからだと言われています。

ほうとう、すいとんの特徴

ほうとうやすいとんは、うどんとは違った流れで各地に広まりました。

山梨県の「ほうとう」は、一般的なうどんの麺より幅広く薄い麺を、カボチャなどの野菜と一緒に味噌仕立ての汁で煮込んだ料理です。

うどんと大きく異なるのは、打った後に寝かさないこと。そのため、煮崩れしやすいのですが、汁にとろみがつき、味噌とまざるのがほっとする味を作り出しています。

また、小麦粉を水で溶いて作る「すいとん」は、全国各地で親しまれています。

中でも群馬、栃木、茨城など関東では、懐かしの味。特に、小麦粉の生産が盛んな群馬では、県内でも呼び名が変わるのが面白いところです。「とっちゃげ汁」、「つめりっこ」、「おつゆだんご」など独自の食文化が根付いています。

また、ほうとうの種類としては、山形県の「はっと」、大分県の「だんご汁」などが挙げられます。

日本五大うどん

地域ごとにさまざまなうどんがありますが、ここでは「日本五大うどん」とされる5種類のうどんについて、生地や味の特徴を中心にまとめました。

讃岐うどんの特徴

香川県の特産品としても全国的にも有名な「讃岐うどん」。讃岐うどんの特徴は、加水量が多いこと。しこしことした食感が讃岐うどんの魅力です。

小麦、塩、醤油、いりこなどうどんを作るために必要な材料に恵まれた気候なのも、発展を後押ししたのかもしれません。

稲庭うどんの特徴

秋田県に伝わる「稲庭うどん」は、稲庭町が発祥の手延べ製法で作られています。打ち粉に“澱粉”を使うのが特徴で、加水量も多めです。つるっとしたのど越しが稲庭うどんの魅力と言えるでしょう。

水沢うどんの特徴

群馬の名物「水沢うどん」は、約400年前、水澤観音(水澤寺)の参詣客に振る舞われていた手打ちうどんが起源といわれており、冷たいざるうどんで食べるのが一般的。

加水量が多く、グルテンもやや多いので、透明感があり、細めでありながらしっかりとしたコシのある麺が特徴です。

五島うどんの特徴

長崎県五島列島でつくられる「五島うどん」は、かつて保存食として親しまれていました。

特産の食用椿油を使って紐のように細く延ばして製麺。一般的なうどんより細麺でありながら、熟成と椿油が生み出す、独特なもっちり感となめらかな食感が魅力です。

氷見うどんの特徴

「氷見うどん」は、富山県で親しまれているご当地うどんです。「五島うどん」同様に手延べ製法で作られることがほとんど。紐のように細いもののコシがあるのが特徴です。

五大うどんだけじゃない!全国のご当地うどん

武蔵野うどん

埼玉県川越市以南~東京都府中市までの間の武蔵野エリアで生まれたうどんです。地元で収穫した小麦を使って打った麺は、一般的なうどんよりも太くてコシが強く、ざるうどんや盛りうどんとしてつけ汁で食すのが一般的です。

伊勢うどん

三重県伊勢市を中心に愛されている伊勢うどんは、極太の麺をコシがなくなるまで1時間近くゆでてやわらかく仕上げるのが特徴。昔から伊勢神宮を参拝する人々に「消化が良い」として親しまれてきた歴史があります。

大阪うどん

やわらかくもっちりとした食感の大阪うどんは、比較的太めで出汁をよく吸うのが特徴。関西風のあっさりとした出汁で味わいます。大阪うどんに牛の小腸を素揚げした「油かす」を入れたうどんは、「かすうどん」として河内地域で食べられてきました。

小松うどん

石川県が発祥の小松うどん。その歴史は江戸時代の加賀の国の頃にまでさかのぼります。2010年には小松市によって「小松うどん定義八か条」が定められ、地域ブランドとなりました。小松市内では温・冷どちらも年中味わえるお店があります。

博多うどん

日本のうどんの発祥の地ともいわれる博多のうどんは、麺が太めでやわらかいのが特徴。強いコシはないものの、やわらかな弾力がありもちもちとしています。博多名物のさつま揚げ「丸天」やごぼうの天ぷら「ごぼ天」をトッピングするのが定番です。

備中うどん

岡山の旧備中国にあたる浅口市鴨方町を中心に、周辺地域で生産されているうどんです。手延べ方式で作られており見た目はそうめんのように細く、主に乾麺で流通しています。やわらかくもちもちしながら適度なコシもあり、のど越しの良いのが特徴です。

加須うどん

加須うどんは、埼玉県加須市の良質な小麦と豊かな水で育まれたご当地うどん。通常のうどんの2倍近い時間をかけて手ごね・足踏み・寝かせの工程を行うため、コシの強さ・のど越しの良さが特徴です。

まとめ

日本には各地に多彩なうどんが楽しまれています。

ここで紹介したうどんの他にも、生地を耳の形に成型する群馬の「耳うどん」、きしめんを短くしたような形の麺を砂糖入りのきなこで食べる大分の「やせうま」、大阪の狐うどん「しのだうどん」など、実に多彩です。

ご当地うどんを名物にしたお店を出したい、別の地で故郷の味を再現したメニューを提供したい、そんな時にも小型製麺機の導入を視野に入れてみてください。

※参照元:岡田 哲(著)「コムギ粉の食文化史」朝倉書店,1993,(250p)

おすすめ

麺ごとにおすすめの
小型製麺機

麺の種類ごとに分かれた専用の小型製麺機なら麺の特徴に合わせて製麺できるので、よりおいしさを追求できます。
「うどんもそばも製麺したい!」「業態変更を視野に入れている」場合を除き、作りたい麺に合わせて選ぶのがおすすめです。

美味しさを求めるなら
⼿打ち式の製麺機がおすすめ
うどん
うどん
十割そばでも簡単に
打てる製麺機がおすすめ
そば
そば
競争の激しい業界でも
生き残れる製麺機がおすすめ
ラーメン
ラーメン